剣道防具の手入れ

MENU

剣道防具の手入れについて

 

竹刀による激しい打突に耐える剣道防具ですが、メンテナンスはどのように行えばよいのでしょうか。その手入れの方法についてみてみましょう。

 

湿気の管理

 

剣道の稽古では非常に運動量が多いため、季節を問わず大量に発汗することになります。

 

布や皮革の部材を組み合わせて作られている剣道防具は、稽古が終ると使用者の汗を吸って濡れたような状態になってしまいます。

 

したがって、まず第一にこれら防具に吸収された水分を乾かすことが大切です。

 

それには「風通しの良い日陰に吊るす」などして、自然に乾燥させることが望ましいとされています。その際に気をつけなくてはならないことは決して「直射日光に当てない」ということです。

 

直射日光に当てて乾かすと急激な感想で防具の部材が収縮してしまい、次に着用する際にサイズが小さくなって使用が困難になったり、防具の色が日光で褪せてしまい、風合いが損なわれるなどの弊害があります。

 

特に汗を吸いやすいのは顔が当たる面の内側のクッションである「内輪」や、籠手の掌に張られた皮の部分です。

 

手入れの仕方

 

面の内輪は稽古が終わったら手ぬぐいなどでよく汗を吸い取り、場合によっては新聞紙などの吸水性のものを当てて干すとよいでしょう。

 

また、籠手は汗を吸った掌の皮をよく伸ばしてから内側に新聞紙などを詰め、面と同じように風通しの良い日陰に吊るして乾燥させるのが常道です。

 

籠手の皮は稽古の後には使用者の手の内の形に添って皺が寄ったりするので、そのまま干すと皺が固定されしまうため、汗を吸って柔らかいうちによく伸ばして、次の稽古に備えることが肝心です。

 

それを繰り返すうちに、使用者の手の形にぴったりと合うようになってくるものです。

 

もう一点、重要なのは面や胴、垂れなどについている紐をよく手でしごくようにして伸ばし、形を整えておくことです。いずれも綿などの素材でできているため、これもよく汗を吸収します。

 

特に垂れについている幅広の紐は皺くちゃになりやすいので、稽古を終えたらきれいに伸ばして折りたたむ、あるいは垂れの腹帯に巻き付けるなどしておくとよいでしょう。

 

また、夏場などの特に発汗量が多くなる季節には、防具が乾燥すると汗に含まれる塩分が結晶して白く粉をふいたような状態になることがあります。

 

そのような塩分を放置すると防具の傷みを早めることになるので、
固く絞った濡れタオルなどで拭き取るようにしましょう。

 

最近では、面や籠手の直接身体に当たる部分だけを取り外して水洗いができるモデルも登場し、剣道防具のクリーニングサービスなども存在するため、そのようなものを活用して剣道防具を清潔に保ち、長持ちさせるよう手入れするのも方法の一つです。

 

長く稽古に耐えてくれるため、「生涯武道」としての維持費として考えると、必ずしも高価ではない、ともいえるでしょう。