竹刀の選び方 種類

MENU

竹刀の選び方〜種類について〜

 

四枚の竹片を組み合わせただけのとてもシンプルな構造の竹刀ですが、その形状によっていくつかの種類に分けることができます。

 

一つは「太さ」による分類で、「細身」、「胴張(どうばり)」、「中太」、「極太」などがあります。

 

「細身」は読んで字のごとく竹刀全体がすっきりと細い形状をしており、「竹刀は細身に始まり、細身に終わる」ともいわれるように、
初心者はまずこの細身の竹刀をとって稽古をはじめ、熟練者や
高段者も最終的にはそこに立ち帰るという最もオーソドックスなものといえます。

 

細身

細身のうちでも特に膨らみの少ない、直刀に近いような形状のものを「古刀型」と呼ぶこともあり、熟練者や高段者の中にはこれを好んで使う方もいるといいます。

 

胴張

「胴張(どうばり)」は鍔を装着する付近の、竹刀が最も膨らんでいる部分が特に大きく張り出しているものを指し、重心が手元に近いところに位置するため、相手の攻撃に対する「返し技」を行いやすく、そのような技を得意とする人が好んで使うようです。

 

中太

「中太」は「細身」と「胴張」の中間に位置するものであり、竹刀の中間辺りから太さを増すものです。これは竹刀の先寄りに向かって重心があるため、少し重く感じる反面、直線的な技を得意とする人が、スピードに乗せた技の感覚をイメージしやすいという声も聞かれます。

 

極太

「極太」は特に体格のよいひとや掌の大きい人などに好まれ、中にはあえて重く太い竹刀を「鍛錬用」として稽古で使う人もいるようです。

 

また、通常の柄は丸棒の形状をしていますが、中には木刀の柄のように楕円形の断面をもつ「小判型」とよばれるものもあります。これは「手の内」とよばれる剣道独特のグリップを実現しやすく、打ち込む際に手の内を締めやすいというメリットもあるため、愛好する人も存在しています。

 

通常の竹刀でもカンナで削るなどして自作できるため、手の内に悪癖のある人の矯正用として勧める指導者もいるようです。

 

さらには、通常は天然の竹を素材としていながら、化学製品をその代用とした「カーボンシナイ」とよばれるものも流通しています。

 

 

カーボンシナイとは?

 

天然の竹を使った竹刀には耐久性に限界があり、ささくれを削ったり、ひび割れた場合には交換するなどの必要がありますが、「カーボンシナイ」は高耐久性を実現しており、めったに割れることはありません。

 

その分通常の竹刀に比べて価格は高価ですが、耐用年数の高さから愛用する人もおられます。

 

ただし、削って自分好みに調整することは不可能で、重心のバランスも思い通りにはならないため、主にたくさんの生徒が使用する学校教育の場などを中心に導入が盛んなようです。