竹刀の選び方 サイズ

MENU

竹刀の選び方〜サイズに関するルールについて〜

 

剣道を象徴する道具ともいえる「竹刀」ですが、その規格には厳正なルールが存在しています。

 

主に学年や男女別に「長さ」と「重さ」、「先革の径」についての規定があり、
公式の試合では計測や計量が行われ、そこで不合格となった竹刀は
その試合で使うことは許されません。

 

竹刀の長さと重さ、先革径に関する規定を挙げてみると、

 

  • 小学生以下…三尺六寸(111cm)以下、重量・先革径の規定なし
  • 中学生男子…三尺七寸(114cm)以下、重量440g以上、先革径25mm以上
  • 中学生女子…三尺七寸(114cm)以下、重量400g以上、先革径24mm以上
  • 高校生男子…三尺八寸(117cm)以下、重量480g以上、先革径26mm以上
  • 高校生女子…三尺八寸(117cm)以下、重量420g以上、先革径25mm以上
  • 大学生・一般男子…三尺九寸(120cm)以下、重量510g以上、先革径26mm以上
  • 大学生・一般男子女子…三尺九寸(120cm)以下、重量440g以上、先革径25mm以上

 

上記のようになっており、いずれも付属品を含む完成時の長さであることに加え、鍔を含まない状態での完成品の重量であることとされています。

 

小学生以下では体格差によって脇下から肩の高さ位までの長さの竹刀を各自選ぶようになっており、三尺六寸(111cm)以下のサイズも各種取りそろえられています。

 

竹刀のサイズ

 

上記の表記を見ても分かるように、竹刀は主に尺貫法による長さで呼びならわされており、
小学生以下用の三尺六寸は略して
「三六(さぶろく・さんろく)」、
三尺七寸は「三七(さぶなな・さぶしち・さんなな)」、
三尺八寸は「三八(さぶはち・さんぱち)」、
三尺九寸は「三九(さぶく・さんきゅう)」などと略称されることが一般的です。

 

各層の年齢的なステージによって重さの下限は決まっているものの、長さについてはいずれも「〜以下」となっているため、各自の体格や身長に合わせて短めの竹刀を使用することもできます。

 

また、使用者は多くはありませんが、剣道では片手に長い竹刀、もう一方に短い竹刀を構えた「二刀」のスタイルも認められており、この二刀流用の竹刀にも規格が定められています。それによると、

 

  • 男子大刀…114cm以下、重量440g以上、先革径25mm以上
  • 男子小刀…62cm以下、重量280〜300g、先革径24mm以上
  • 女子大刀…114cm以下、重量400g以上、先革径24mm以上
  • 女子小刀…62cm以下、重量250〜280g、先革径24mm以上

 

上記のようになっています。
ただし、いずれも完成品の乾燥重量による計測がルールとなっているため、付属品の皮部分を濡らしたり、竹刀の中に詰め物などをして重量を調節することは厳しく禁じられています。

 

また、計測時には鍔は取り外しておきますが、これも「直径が9cm以下」のものと規定されています。