竹刀の手入れ

MENU

竹刀の手入れについて

 

剣道の激しい打突で強い負荷のかかる竹刀は、「ささくれ」や「ひび割れ」を生じやすく、放置すると割れた竹片が相手に刺さるなどの事故を招きかねないため、入念な手入れが必要となります。

 

使用を続けると主に竹刀の先端寄りの部分に「ささくれ」が出てくるようになります。

 

稽古前、稽古後はもちろんのこと、稽古中にも時折竹刀の状態を確認して、ささくれを生じているのを発見したら即座にスペアの竹刀に交換しましょう。

 

ささくれが千切れて破片が相手や自分の眼に入るなどの危険を防止するためです。

 

竹刀 ささくれの手入れの仕方

 

ささくれを見つけたら、内に向かってカーブした刃をもつ専用の「竹刀削り」で本体の竹を削り、ささくれを取り除きましょう。

 

「竹刀削りは」、竹刀を分解した状態で使うものと、竹刀を結束している「中結い」という革紐を外しただけで使えるものとがありますので、それぞれの用途を正しく理解して使用しましょう。

 

その時に気を付けなくてはならないのは、必ず「元(もと)から末(すえ)に向かって削る」ということです。

 

「元(もと)」とは竹の根元側で、竹刀は向かって柄の方向が「元」になります。
「末(すえ)」とは竹の先端側のことで、竹刀でも先端に向かった側が「末」となります。

 

竹の繊維はこの元から末に向かってスムーズに流れており、これを逆に削るとひっかかりを生じて、ささくれが悪化したりするため、「元から末」への削り方を厳守する必要があります。

 

完全にひび割れた竹は手入れが不可能なため、竹刀を分解して竹ごと交換する必要があります。

 

武道具店で頼めば仕組み直しをしてくれますが、構造を覚えれば自分の手でもできるので、修行の一環として愛刀の手入れをするのもまた楽しいものです。

 

竹刀 手入れのコツ

 

竹刀の耐久性を低下させる最大の原因は「乾燥」です。
もちろん、乾燥した竹で作られている竹刀ですが、その水分が低下するほど竹のしなりが失われ、割れやすくなります。

 

そこで、昔から竹刀には「油」を塗ることが行われてきました。
水で湿らせるわけにはいかないため、油を含ませることで竹の弾力性を保つ知恵として知られてきました。

 

植物性の油であればよく、椿油やサラダ油(菜種油)、またはスプレー状の専用竹刀油も武道具店で取り扱っています。 大量に塗りつけるのではなく、使用後に少量を薄く伸ばし、竹刀を磨きあげるような要領で塗布するとよいでしょう。

 

続けるとそれだけで見違えるほど竹刀の耐久性が上がることが分かるはずです。

 

もっと丁寧にする場合は、油を含ませた和紙などを竹刀の節の部分に内側から当て、全体を油紙などでくるんで一カ月ほど置き、竹刀全体に油をなじませておきます。