自分に合った剣道着の選び方

MENU

剣道着の選び方

 

胴着に袴、という伝統的な剣道着の出で立ちは、凛々しく爽やかで、独特の様式美を感じさせるものでもあります。

 

では、自分に合った剣道着はどのように選べばよいのでしょうか。

 

サイズの目安としては、胴着は肘を折り曲げた時に袖が肘から少し出るくらいのものがよいとされています。

 

剣道では「籠手」が有効打突部位の一つであり、腕部分を露出すると危険であるためです。

 

裾は短すぎると袴を付けた時に横のスリットから素肌が見えてしまい、見苦しい上に竹刀が入り込んだ時に危険でもあるため、動きを制限しない限りは膝上位までの長めのものでもよいでしょう。

 

初心者の袴の選び方

 

袴は、着装したときに裾が足のくるぶしにかかるくらいのものが
よい
でしょう。

 

袴の着装では裾の前側が少し下がり、後ろ側が少し上がるように着付けるため、正確に身に付けた状態でサイズを見る必要があります。

 

ただし、綿素材でできた袴は洗うと縮むため、その分を逆算しておくことが大切です。

 

胴着や袴の素材は綿が一般的で、胴着については「刺子(さしこ)」や「晒地(さらしじ)」などがありますが、クッション性が高く、吸汗機能の高い「刺子」のものが
よく好まれる傾向
にあります。

 

袴も同様に綿素材のものはよく水気を吸収し、厚みがあるために多少のクッション性を期待することができますが、取り扱いの点では初心者向きとはいえません。

 

綿の袴は非常に皺が寄りやすく、稽古の後にきちんと伸ばしてたたむ、あるいは吊り下げて陰干しするなどの手入れを怠ると、その後の使用に耐えなくなることもあります。

 

反面、テトロンなどの化学繊維で作られた袴は皺が寄りにくいため、初心者の方には扱いやすいものとなっています。

 

剣道着の色 模様

剣道着の色や模様にも様々なものがありますが、紺色や白色のものが最も一般的でしょうか。 紺色の剣道着で良いものになると、天然の「藍染め」によって作られたものが珍重されます。

 

藍には防臭・防虫・殺菌などの効果があるため、激しい運動量をこなす剣道の稽古用には最適の素材として古来より使用されてきました。

 

また、その藍染めの剣道着は洗う程に適度に色落ちして風合いが増すため、自分の稽古の歴史を重ねるごとに愛着が増していくものでもあります。

 

上下とも白の剣道着も人気の高いものですが、剣道防具の多くは紺色で、新品は染料が色落ちしていないため、胴着などに色移りしてしまうという難点があります。

 

よく使いこんで色落ちの止まった防具を身に付けられるのなら、色移りを心配せずに白の剣道着を着用することができます。