剣道防具の選び方 手刺しとミシン刺し

MENU

剣道防具の選び方〜手刺しとミシン刺し〜

 

剣道の防具は、木綿などの布や、鹿皮・牛皮といった皮革、毛氈や竹など、動物性の素材と植物性の素材を上手く組み合わせて作られています。

 

籠手の良し悪し

 

面や籠手といった、相手の打突を受けた際に最も直接的な衝撃が加わる部位には「布団」と呼ばれるクッションが備えられており、この部分の良しあしが防具の性能を大きく左右するといっても過言ではありません。

 

これらはクッションの役割をはたす芯材を布素材ではさみ、縫製することで成形されていますが、その縫製の方法には大きく分けて「手刺し」と「ミシン刺し」の二種類があります。

 

「手刺し」とは、読んで字のごとく、剣道具の職人の手作業によって一針ずつ縫われたものであり、「ミシン刺し」とはミシンなどの機械によって縫ったもののことをいいます。

 

コストの面でいえば、当然のように機械力を使った「ミシン刺し」によるものが圧倒的に廉価であり、量産にも向いているため普及型の既製品の大多数はミシンによって縫ったものとなります。

 

一方、職人の手作業による「手刺し」の防具は製作にかかる手間暇も多く、ミシン刺しのものに比べるとはるかに高価にならざるを得ません。

 

しかし、多くの剣道愛好家にとって「手刺し」の防具は、一種の憧れや特別な思いを抱くものとして捉えられているのです。

 

まず、両者の違いを概観してみると、外見上にもその特徴が現れます。
「手刺し」の防具では、面や籠手のクッションとなる布団部分の糸の縫い跡が、格子状の模様を描くのに対して、「ミシン刺し」のものは一直線上に破線が並ぶような様子が見られます。

 

これらの糸による刺しの間隔には
「一分(約3mm)刺し」、「一分二厘(約3.6mm)刺し」、「一分五厘(約4.5mm)刺し」、
「二分(約6mm)刺し」などのような規格があり、この間隔が小さいものほど価格も高くなります。

 

「手刺し」の防具ではこの表記を「〇分〇厘」などというように尺貫法で表すことが多いのに比べ、「ミシン刺し」のものでは単に「〇mm刺し」と表記する傾向があるようです。
一般には、ミシンなどの機械で刺した防具はクッションがしっかりとして「固め」であるといわれています。

 

一方で人間の手作業で刺した防具には適度な弾力があり、これが衝撃吸収性につながり、実際に竹刀で打たれたときの痛みを和らげてくれるといいます。

 

しかし、刺しの細かさがそのまま衝撃吸収力の優劣につながるわけではなく、むしろ粗めの物の方がクッション性に勝る面があるなど、一様ではありません。

 

見栄えのよい細かい手刺しの防具を試合用や演武用として、衝撃吸収性に優れた粗い手刺しのものを子供たちに打たせるための指導用として、リーズナブルなミシン刺しの防具をスペアの稽古用として、など、用途に応じて使い分ける方も多いようです。